ICTという言葉を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。
近年におけるICTの進化は目覚ましく、多くの分野でその活用が進んでいます。ICTに基づいた商品やサービスも増え、ニュースやCMなどのメディアでもよく取り上げられるようになりました。

ICTは、私たちにとって身近なものになりつつあります。しかし、ICTについて明確に理解できていないという方も少なくはないでしょう。
ICTとは具体的にどのようなことを指すのでしょうか。また、ITや IoTとの違いは何なのでしょうか。

今回はICTについて、その概要や類似用語との違い、具体的な活用事例など詳しく解説します。

ICT(情報通信技術)とは

ICTとは

インターネットやパソコンなどの情報通信機器を用いて行うコミュニケーションを可能にする技術
インターネットを通じて人とコミュニケーションを取るSNSやメール、チャット、Web会議システムなど。

ICTは、新たな商品やサービスの創造に繋がる技術です。ひとつのICT商品・サービスから派生的に新たな商品・サービスが生まれるため、市場の活性化にも効果的だと言えます。

さらに、高度で専門的な技術が用いられた商品・サービスであっても、操作性や使用感に優れていれば、専門知識を持たない層にも支持され浸透するという特徴も持ちます。特にスマートフォン関連サービスについてはその傾向が顕著です。

専門知識の有無に関わらず、新しい商品やサービスとして広く浸透していく可能性があるICTは、ビジネスだけでなく教育や医療、防災などさまざまな分野での活用が進んでおり、総務省でもその活発な利活用を推進しています。

ICTとITの違い

ICTとよく似た言葉に、「IT」という言葉があります。これらの言葉は混同されてしまうことも多いですが、別の意味を持つ言葉です。

ITとは

情報技術。Information Technologyの略。ネットワークやコンピュータなどに用いられる技術の総称。

例:インターネット、アプリケーション、ソフトウェアなど

ITとは、ネットワークやコンピュータを用いて行われる情報技術全般を指す言葉です。
一方のICTは、ネットワークやコンピュータを用いて行う技術によって人と人とが繋がり、コミュニケーションを取ることが可能になる技術を指します。
つまり、ITは情報技術そのものを、ICTはその中でもコミュニケーションが可能になる技術を指すという違いがあるのです。

とはいえ、ICTはITの中に含まれる技術であり、これらの言葉を同義で使用する例も多く見られます。

ICTとIoTの違い

「IoT」もICTと混同されやすい言葉のひとつでしょう。これらも、それぞれ言葉の意味は異なります。

IoTとは

Internet of Thingsを略した言葉で、日本語では「モノのインターネット」と訳される。身の回りのさまざまなモノがインターネットに接続されていること、またはその技術を指す。

例:インターネットに繋がるパソコン、家電、車、住宅など

ICTとIoTは、どちらもインターネットを通して情報のやり取りを行う技術です。
その中で、人と人とのコミュニケーションが発生する場合はICT、モノに影響を与える場合はIoTと判断すると良いでしょう。

ただし、近年のシステムの中には、ICTともIoTとも言えるものもあります。
それが、オンラインゲームです。オンラインゲームでは、人とコミュニケーションを取りながら、モノとも情報のやり取りを行います。
ICTとIoTは違う意味ではあるものの、関連性も高いということを覚えておきましょう。

Iotに関する詳細は、こちらの記事でも紹介しています。
IoTの活用事例:家庭での身近な例・ユニークな例・分野別の例を紹介!

【分野別】ICTの活用事例

ICTは多様な分野で活用されています。ここではその中から、教育・医療福祉・観光・防災の4分野におけるICTの活用事例をご紹介します。

教育分野におけるICT活用

教育分野でも、ICTの活用は進んでいます。
文部科学省は、初等中等教育におけるICT活用の手引きを公表しており、それは情報活用力の育成と学習目標の達成の両方に効果的だとしています。
既に多くの学校がICT活用の一環として児童にタブレットを配布しており、授業や学習準備、評価などに役立てています。

授業中に活用されたICTの例を挙げてみましょう。

・国語の授業において、電子黒板や3D教材を使用。生徒に、文章に描かれたシーンを作者の視点から疑似体験させることで、視点による表現の違いに対する理解を深めた。

・英語の授業において、地図を利用した英語での模擬道案内にタブレットを使用。生徒同士で話し合いながら、タブレットの地図に直接書き込んだり修正したりすることで、慣れない英語でも効率的に考えをまとめることができた。

ICTを工夫しながら適切な形で活用すれば、生徒はより深く学習理解を深め、情報や機器を扱う力も身につけることができます。

医療福祉分野におけるICT活用

総務省は、医療福祉分野に対するICTの活用も推進しています。
少子高齢化が進む日本では、医療費や介護費が増えたり、地域による医療資源の偏りが見られたりと、医療福祉分野における課題が多くありますが、ICTはその解決策として有効です。

医療福祉分野では、次のようなICT活用が国を挙げて進められています。

・在宅医療・介護に関する情報の共有システム実装
・オンライン診療の実施
・医師対医師の遠隔医療の実施
・地域医療情報連携ネットワーク活用
・8K等の高精細映像データ活用 など

ICTで情報共有や遠隔医療が可能になれば、高齢化や医療資源の偏りに対し、医療が柔軟に対応できるようになります。地域医療が重要となる今後の日本において、これらの技術は医療の質維持にも効果的でしょう。

観光分野におけるICT活用

観光は、日本にとって重要なビジネスのひとつです。そんな観光分野におけるICTの活用は、観光客に対する付加価値の付与に効果的です。
旅行前に観光スポットの情報を検索して宿を予約し、旅行中にはナビゲーションサービスを利用、旅行後にはSNSで情報を共有するなど、観光においてICTは、観光前から観光後まで広く利用されます。

観光客の観光をサポートし、地域観光を振興するには、次のようなICTサービスが有効です。

・観光情報サイト
・観光に特化したソーシャルメディア
・モバイル観光案内
・ナビゲーションサービス
・デジタルサイネージ(デジタルの公衆広告)
・スマホ決済サービス など

このようなサービスを整備することで、日本人はもちろん外国人観光客にとっても観光がしやすい地域が増えれば、日本の観光市場はより成長していくと予想されます。

防災分野におけるICT活用

防災に関するICTサービスは、さまざまな企業からリリースされています。スマートフォンを多くの人が持つようになった現代において、災害から身を守るための情報発信には、ICTの活用が欠かせません。

防災に関するICTサービスの例を見てみましょう。

・緊急速報エリアメール(NTTドコモ)
災害発生時に被害エリアの携帯電話へ一斉に緊急速報を発信
・J-anpi(NTT、NHK、NTTレゾナント)
大規模災害時における各企業が保有する安否情報の共有サイト
・被災者支援システム(日立システムズ)
災害時に必要となる行政業務を早急に構築できるシステム
・避難所アセスメント(富士通)
避難所情報の発信やニーズに合った避難所の検索などに対応するクラウドサービス など

防災には、リアルタイムな情報収集が必要です。それを可能にするICTサービスは、災害時に多くの人の助けになるでしょう。
まずは、防災の一環としてこのようなサービスがあることを知っておくことも大切です。

まとめ

ICTは、企業の、また日本の経済成長にとって欠かせない技術のひとつです。スマートフォンやパソコンが広く普及した現代において、ICTを用いた商品やサービスの需要は今後も高まっていくでしょう。

とはいえ、ICT関連の商品やサービスは、普及と衰退のサイクルも早いと言われています。ICT市場を活性化させていくには、ユーザーの需要に的確に答えた商品・サービス開発が必須です。
今回ご紹介した事例は、ユーザーの需要に的確に答えたものだと言えますが、需要は変化していくため、ICT商品・サービス提供者には需要の変化への対応力が求められます。


人事・総務の方、情シス・セキュリティ部門の方必見!

貴社は、いくつ当てはまりますか?

・ログインの度にパスワードを探して、コピーして、貼り付けるのが面倒
・簡単なパスワードを使いまわしてしまっている
・社員の入退社に伴うアカウント設定作業がたいへん
・契約中のサービスの利用状況が分からず、ムダの把握ができていない

そんなお悩みを1クリックで解決!無料から使える「jugaa」の詳細はこちら