gitbashからCodeCommitへのアクセス手順

今回は、gitbashからのCodeCommitへのアクセス手順をご紹介します。

1.Pythonのインストール

まず初めに、下記のリンクからPythonをインストールします。

https://www.python.org/http://Python.org

インストール時に「Add Python 3.9 to PATH」にチェックを入れます。チェックを入れ忘れてインストールした場合、個別にPATH設定を実施する必要があります。

2.AWS CLIのインストール

続いて、下記のリンクからAWS CLIをインストールします。

AWS CLI の最新バージョンをインストールまたは更新します。 – AWS Command Line Interface

3.credentials・configの設定

完了したら、MFAを使ったAWSアカウントアクセス手順に従って設定を行います。

仮想 Multi-Factor Authentication (MFA) デバイスの有効化 (コンソール) – AWS Identity and Access Management

4.git-remote-codecommit をインストール

次に、下記のgit-remote-codecommit をインストールしてください。
1python -m pip install --trusted-host http://pypi.python.org --trusted-host http://files.pythonhosted.org --trusted-host http://pypi.org --upgrade pip

GitBash上で下記コマンドを実行します。

1python -m pip install git-remote-codecommit --trusted-host http://pypi.python.org --trusted-host http://files.pythonhosted.org --trusted-host http://pypi.org --upgrade pip

5.リポジトリのクローンを作成

GitBash上で下記コマンドを実行(VSCodeのワークスペース上にクローンされます)

1git clone codecommit::ap-northeast-1://ci@EcarePipeline

6.gitユーザ名の設定&文字化け回避&SSL認証回避

C:\Users\[ユーザ名]\.gitconfig

[user]
 name = [ユーザ名]
 email = [メールアドレス]
[core]
 quotepath = false
[http]
# sslVerify = false

7.デフォルトのブランチ名変更

1git config --global init.defaultBranch main

これで、gitbashからのCodeCommitへのアクセスは完了です。

Smallitのサービス