Kubernetesのデプロイロールバック方法

目的

リリースしたソースに問題があった場合など、
前のバージョンに戻したい時の手順を記載します。

前提

・Kubernetesが作成済みであること
・kubectlコマンドが実行可能であること
・Kubernetesダッシュボードが使用可能であること
・ロールバックするバージョンが存在していること

現状リリースされているバージョンKubernetesダッシュボードで確認する

「smallitfw-api-deployment-cdbc58bf7」のレプリカセットが動作しています

現在のバージョンでは、アクセスすると「Hello Java」を返すだけのプログラムです。

kubectlコマンドでロールバックする

1kubectl rollout undo deployment デプロイメントの名前 -n ネームスペース

ロールバックされた状態をKubernetesダッシュボードで確認する

「smallitfw-api-deployment-74b6bc4b98」のレプリカセットにロールバックされました。

ロールバックされたバージョンは、アクセスすると「Hello world」を返すだけのプログラムになります。

ぜひ参考にしてみてください!

Smallitのサービス