ノーコード(NoCode)

ノーコード(NoCode)とは

ノーコードとは、プログラミングをせずにアプリを開発することです。ソースコードを書くことなく開発が可能なので、プログラミングを習得する時間が不要になります。

ノーコード(NoCode)開発のメリット

  • 開発からリリースまでスピーディーに行える
  • イメージを直感的に形にできる
  • 無料で始められる開発ツールが多い

ノーコード(NoCode)開発のデメリット

  • 開発ツールごとにできることが違う
  • 自由度はプログラミングに比べると低い

汎用性アプリケーション開発

  • Glide
  • Adalo
  • Bubble

 Glideは、Google スプレッドシートをデータベースとして使って、手軽にアプリの開発を行えるノーコード開発ツール。

Adaloは、用意されているパーツを視覚的に組み立てたり、必要なテキストを入力したりといった簡単な操作でアプリ開発ができる、ノーコード開発ツールです。WebアプリとAndroidiOS向けのネイティブアプリの両方の開発ができることが特徴。Webからの利用だけでなく、Google PlayApp Storeに登録して配信も可能です。

 Bubbleは、幅広い目的のアプリ開発に対応するノーコード開発ツール。各コーディングパターンをUI操作で実現できるので、非常に使いやすいツールと言えるでしょう。また有料プランへ加入することで、アプリ開発後、Google PlayApp Storeから配信することも可能です。

ビジネスアプリケーション開発

  • PowerApps
  • AppSheet
  • HoneyCode

 GoogleAppSheetAmazon Honeycode MicrosoftPowerAppsといったように、シリコンバレーのテックジャイアントもそれぞれノーコード開発ツールに力を入れていますが彼らの動向で共通しているのは、いずれもビジネス業務向けアプリケーションにフォーカスしているという点です。

PowerAppsは、クラウドからデータに接続し、独自のアプリケーションを作成できるビジネス用モバイルWebアプリケーション開発プラットフォームです。

AppSheetとは、開発経験がない人でも高機能なアプリを作れるツールです。

AppSheetは「市民開発」というキーワードを掲げてサービスが開始されました。市民開発とはシステム開発はエンジニアではなく「現場で働く人が作る」といった思想です。

Honeycodeは、コードを記述することなくWebおよびモバイルのアプリケーションを作成できるサービスです。

ノーコード開発が未来に与える影響

  • プログラマーやIT技術者不足の解消
  • エンジニアの価値の向上
  • 非エンジニアによるアプリケーション開発ビジネスの拡大

Smallitのサービス