社内行事

2019年 社員旅行に行ってきました

2019年12月7日(土)と8日(日)の2日間、岐阜県に社員旅行に行ってきました。その時の様子をレポートいたします!

最初の目的地は、多治見市モザイクタイルミュージアムです。

タイルを使ったアート作品の展示やタイルの歴史がわかる展示コーナー、タイルを使った小物がつくれる体験コーナ―もあります。

次はランチを食べに恵那市になる銀の森へ。ここで、松田さんがピザを切るのが得意という以外な特技が発見されました!!

次は下呂市にある合掌村へ

ここは白川郷などから移築した合掌造りの民家で集落を再現した博物館で、

陶器の絵付け体験をしてきました!みんな真剣な表情です取り組みます(最後まで残った2人です)。

作品が出来上がるまで、3週間ほどかかるそうです。出来上がりが楽しみですね。

 

本日の宿泊先は、日本三名泉の一つ、下呂温泉にある水明館です。

趣なる3ケ所の大浴場があり、滑らかな下呂の湯を堪能できるとのことで、みんな楽しみにしてきました。

お風呂の後は、待ちに待った大宴会の開始です!味は言うに及ばず、見た目も鮮やかで豪華な食事をたっぷり堪能しました。ああ、おいしかった・・・

 

途中とってもかわいいサンタさんが来てくれました♪♪

宴会も中盤に差し掛かり、みなさんいい具合に酔っぱらってきたところで、「ビンゴ大会」です。

ビンゴ大会の先着2名は、3万円の商品券をかけて、大じゃんけん大会です!!

勝者は僅差で李さんでした!!おめでとうございます!!

 

 

二日目は、郡上八満市の大滝鍾乳洞へ

「大滝鍾乳洞」の歴史は2億年以上さかのぼると言われています。

現在までの調査で総延長は2kmにも及ぶことが判明しており、東海地区でも最大級の鍾乳洞とされています。

そのうち現在公開されているのは、鍾乳石が発達した約700mの洞内鑑賞コースです。

鍾乳洞までは木製のケーブルカーで向かいます。

洞内は水量が豊富なことが特徴で、その水が現在も鍾乳石を成長させているとのことです。

豊富な水は泥などを洗い流す為、鍾乳石本来の色である乳白色のものや透明度の高いものが多いそうです!勉強になりますね♪

 

お昼は、郡上八満 流響の里へ。そのあとは各々、郡上八幡を散策しました。

お昼の後は、いよいよ最後の目的地、いわさきサンプルビレッジへ

ここで、ピザそっくりのサンプルキーホルダーをつくります。

ピザ生地にピザソース、チーズ、サラミ、玉ねぎ、マッシュルーム、ピーマンをのせて焼いていきます。上手にできるかな??

本物そっくりに出来上がりました!!

待っている間に、面白い写真をたくさん撮りましたよ♪♪

仕事を離れて、みんなでワイワイガヤガヤするのは、本当に楽しいものですね!

来年は、どんな旅が出来るのか?今から楽しみに、明日からは、気持ちを切り替えてバリバリ仕事に励みたいと思います。


   

コメントを残す

*